テレアポは時間帯で差が出る!法人・個人別の攻略法

テレアポを成功させるには、電話をかける時間帯選びが重要です。相手の都合を考えずに電話をしてしまうと、迷惑をかけるだけでなくマイナスイメージを与えかねません。

本記事では、テレアポで避けるべき時間帯や、法人・個人向けに最適なアプローチ時間について詳しく解説します。

また、曜日の選び方や法律・マナーの観点からの注意点、成功率を高めるためのコツについてもご紹介します。

テレアポで注意すべき時間帯

テレアポは電話をかける時間帯によって、電話に出てもらえる確立が変わります。ここでは、テレアポで避けるべき時間帯について詳しく解説します。

「自分がこの時間に電話をかけられたら迷惑だな」という時間帯を想像しながら読み進めてください。

始業時間前後

始業時間の前後は、多くの人にとって忙しい時間帯です。出社してすぐの時間は、1日のスケジュール確認やメールチェック、仕事の準備などに追われています。この時間帯にテレアポをかけても、相手は話を聞く余裕がないでしょう。

一般的な企業の始業時間は9時〜10時が多いです。始業後1時間程度は、朝礼やミーティングなどで電話に出られないことも多いです。会社のホームページに始業時間が記載されている場合もあるので、事前にチェックしましょう。

昼休みの時間帯

昼休みにテレアポの電話をかけるのは、マナー違反だと思われる可能性があります。

昼休みの時間帯は、担当者が不在である可能性が高く、折り返しを頼んでも営業電話だから・引継ぎが面倒くさいから等の理由で対応してもらえないことがほとんどです。

終業時間前後

終業間際は、報告書の作成や残った仕事の処理で忙しい人が多いです。電話がつながったとしても、話を聞いてもらえない可能性が高いでしょう。帰宅の準備を始めている人もいるので、テレアポは迷惑だと思われます。

忙しい時間帯や繁忙期

業種や職種によって、特に忙しい時間帯や繁忙期が存在します。電話する前に、ターゲットとする企業の業種や職種について調べておくことが大切です。

飲食店であれば、ランチタイム(11時〜14時)やディナータイム(18時以降)が忙しいでしょう。一般企業の場合、月末や年末、年度末は特に忙しい時期だといえます。

インターネットで各業界の繁忙期について調べておくと、テレアポの成功率を高められるでしょう。

テレアポが効果的な時間帯とその理由

テレアポを成功させるには、電時間帯選びが重要です。ここでは、法人向けと個人向けに分けて、テレアポが効果的な時間帯とその理由について解説します。タイミングを見極めてアプローチすることが、成約率アップのカギとなるでしょう。

法人営業のテレアポの場合

法人向けのテレアポでは、相手企業の業務の流れを考慮した時間帯選びが求められます。一般的に、以下の時間帯がおすすめです。

  • 10時〜11時30分:午前中の仕事が一段落した時間帯で、比較的話を聞いてもらいやすい
  • 14時〜16時:午後の早い時間帯は会議などが少なく、電話に出られる可能性が高い

ただし、相手企業の業種や職種によって最適な時間帯は異なるため、事前のリサーチが欠かせません。

業種による時間帯の違い

業種によっても効果的なテレアポの時間は異なります。

  • 小売業:開店前や閉店間際は避け、比較的空いている時間帯を狙うのが効果的
  • 飲食業:ランチタイムとディナータイムは避け、14時〜17時頃がおすすめ
  • IT企業:朝は会議や打ち合わせが多いため、午後の早い時間帯が狙い目

業種の特性を踏まえた時間帯を選びましょう。

個人営業のテレアポの場合

個人向けのテレアポでは、ターゲットとなる相手の生活リズムを想定することが重要です。主に以下の時間帯が効果的だといえます。

  • 10時〜12時:主婦層は午前中の家事が一段落した時間帯で、話を聞いてもらいやすい
  • 19時〜21時:会社員の帰宅後の時間帯は、比較的電話に出る確率が高い

ただし、昼食時や夕食時は避けるのがマナーです。ターゲット層の行動パターンを想定し、最適なタイミングを見計らいましょう。

テレアポが効果的な曜日とその理由

テレアポを行う際、時間帯だけでなく曜日選びも重要なポイントです。ここでは、法人向けと個人向けに分けて、テレアポが効果的な曜日とその理由について解説します。

法人営業のテレアポは平日

法人向けのテレアポは、基本的に平日に行います。ただし、曜日ごとの特徴を理解しておく必要があります。

  • 月曜日:週初めで業務が立て込んでいることが多いため、電話に出にくい傾向にある
  • 火曜日〜木曜日:比較的業務が安定している曜日で、テレアポに適している
  • 金曜日:週末を控えているため、新しい案件に取り組みにくい雰囲気がある

また、業種によっては曜日ごとの繁忙度が異なることもあります。

  • 小売業:週末は客足が増えるため、平日の早い時間帯がおすすめ
  • 飲食業:週末は予約で埋まりやすいため、週の前半に電話をかけるのが効果的

このように、業種の特性を踏まえた曜日選びが求められます。ターゲットとする企業の営業形態を把握し、最適なタイミングを見計らいましょう。

個人営業のテレアポは休日

個人向けのテレアポは、休日に行うのがおすすめです。平日は仕事で忙しく、電話に出られない人が多いからです。特に以下の曜日が効果的だといえます。

  • 土曜日:平日の疲れが取れ、比較的リラックスしている人が多い
  • 日曜日:家族との時間を大切にする人が多いため、午前中がねらい目

ただし、休日だからといって何時に電話をかけても良いわけではありません。

  • 朝方:ゆっくり眠りたい人が多いため、避けるのがマナー
  • 夕方以降:家族との団欒の時間を邪魔しないよう、配慮が必要

個人の生活スタイルは十人十色ですが、一般的な傾向を押さえておくことが大切です。ターゲット層の休日の過ごし方を想定し、電話をかける最適なタイミングを見極めましょう。

テレアポの時間帯に関する法律とマナー

テレアポを行う際は、単に効果的な時間帯を選ぶだけでなく、法律やマナーについても十分に理解しておく必要があります。

ここではテレアポに関連する法律と、守るべきマナーについて詳しく解説します。トラブルを避け、円滑なコミュニケーションを図るために、これらのルールは必ず押さえておきましょう。

適用される法律について

テレアポを行う上で、特に注意すべき法律が「特定商取引法」です。電話勧誘販売を含む特定の取引類型について、消費者トラブルを防止するためのルールを定めています。

  • 事業者名、勧誘目的、商品・サービスの内容などを明示する必要がある
  • 消費者が契約を締結しない旨の意思表示をした場合、その勧誘を継続してはならない
  • 契約締結後、一定期間内であれば消費者は契約を解除できる(クーリング・オフ制度)

参考:特定商取引法ガイド

上記の規定に反した場合、業務改善命令や罰則の対象となる可能性があります。法律を遵守し、適切な勧誘を心がけることが重要です。

テレアポが違法となる時間帯

特定商取引法では、電話勧誘販売における時間帯についても規制があります。具体的には以下の時間帯にテレアポを行うことは禁止されています。

  • 午後9時から午前8時まで
  • 日曜日、国民の祝日、年末年始(12月28日から1月4日まで)

上記の時間帯にテレアポを行った場合、業務改善命令や罰則の対象となる可能性があります。消費者のプライバシーや休息時間を侵害しないよう、十分な配慮が求められます。

また、法律で規制されている時間帯以外であっても、消費者の迷惑になるような時間帯は避けるべきです。

  • 午後8時以降
  • 食事の時間帯
  • 休日の朝方や夜遅い時間帯

相手の生活リズムを想像し、配慮することが大切です。一方的な都合でテレアポを行うことはマナー違反であり、クレームの原因にもなりかねません。

テレアポの成功率を高めるためのポイント

テレアポの成功率を高めるには、時間帯や曜日の選び方だけでなく、事前準備や話し方のテクニックも重要です。

  • 成功率を上げるための事前準備
  • 時間帯別のアプローチ方法

ここでは、テレアポの成功率アップに役立つポイントを詳しく解説します。コツを掴んで、より効果的なアプローチができるようになりましょう。

成功率を上げるための事前準備

テレアポを行う前に、入念な事前準備を行うことが成功への第一歩です。以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • ターゲットとなる企業や個人の情報を収集し、ニーズを予測する
  • 自社の商品やサービスの特徴を整理し、どのようなメリットがあるかを明確にしておく
  • 想定される質問や反論に対する回答を用意しておく
  • トークスクリプトを作成し、要点を押さえた説明ができるよう準備する

事前準備を怠ると、いざ電話をかけた際に的確な説明ができず、相手の興味を引くことができません。入念な下調べと準備が、成功率アップの鍵となります。

また、テレアポの際は、相手の情報を見ながら話ができるよう、資料を手元に用意しておくことも大切です。

  • 企業の場合は、ホームページや業界紙などから得た情報をまとめておく
  • 個人の場合は、過去の購買履歴やWebサイトの閲覧履歴などを参考にする

相手のニーズを予測し、的確なアプローチができるよう、情報を整理しておきましょう。

時間帯別のアプローチ方法

テレアポの成功率を高めるには、時間帯ごとにアプローチ方法を使い分けることが重要です。以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 朝の時間帯:単刀直入に要件を伝え、短時間で済ませる
  • 昼の時間帯:やや柔らかい口調で、相手の状況を確認しながら会話を進める
  • 夕方の時間帯:1日の仕事の疲れを考慮し、温かみのある話し方を心がける

また、相手の反応を見ながら、臨機応変に対応することも大切です。

  • 興味を示している場合は、より詳しい説明を加える
  • 忙しそうな様子の場合は、後日改めて連絡する旨を伝え、電話を切る

相手の状況に合わせて、柔軟にアプローチ方法を変えていくことが成功への近道といえるでしょう。

さらに、トークの中で相手の関心事を引き出し、それに沿った提案ができるよう努めることも重要です。

  • 相手の悩みや課題を聞き出し、共感を示す
  • 自社の商品やサービスが、どのように課題解決に役立つかを説明する

一方的な説明ではなく、相手の立場に立って話を進められるかが、成功率アップのカギとなります。

テレアポの成功率を高めるには、事前準備と適切なアプローチ方法が欠かせません。相手の状況を考慮しながら、的確な提案ができるよう努めることが大切です。コツを掴んで、より効果的なテレアポを目指しましょう。

時間帯を工夫してテレアポを成功させよう

テレアポの成功は、電話をかける時間帯選びに大きく左右されます。

始業時間前後や昼休み、終業時間前後は、多くの人にとって忙しい時間帯であり、テレアポには不向きです。

一方、法人向けは10時〜11時30分や14時〜16時、個人向けは10時〜12時や19時〜21時が狙い目だといえるでしょう。ただし、業種や職種によって最適な時間帯は異なるため、事前のリサーチが欠かせません。

さらに、特定商取引法などの法律を遵守し、相手の迷惑にならないよう配慮することも大切です。午後9時から午前8時までの時間帯や、休日の早朝・深夜は避けるべきでしょう。

テレアポの成功率を高めるには、時間帯や曜日の選定に加え、事前準備や話し方のテクニックも重要です。相手の状況を考慮した上で、的確な提案ができるよう努めることが求められます。

時間帯選びのポイントを押さえ、戦略的にアプローチすることで、テレアポの成功率は大きく向上するはずです。ぜひ本記事の内容を参考に、効果的なテレアポを実践してみてください。