テレアポでメンタルが病む理由とは?辛いときの対処法を解説

テレアポの仕事は、見知らぬ相手に電話で営業することの難しさから、精神的に厳しい職種だといえます。

話を聞いてもらえずに電話を切られたり、クレームや暴言を浴びせられたり、ノルマ達成のプレッシャーに苛まれたり。

このようなストレスが絶えない日々を過ごしているうちに、メンタルを病んでしまう人も少なくありません。

本記事では、テレアポでメンタルが病む具体的な理由を解説するとともに、辛い状況を乗り越えるための対処法についても紹介します。

テレアポでメンタルが病む理由

テレアポは、電話で見知らぬ相手にアプローチする営業活動です。そのため、以下のような理由でメンタルを病んでしまう人も少なくありません。

  • 話を聞いてもらえずに電話を切られるから
  • クレームや暴言に耐えられないから
  • ノルマを達成できないと上司に怒られるから
  • 単純作業の繰り返しでモチベーションが保てないから

ここでは、テレアポでメンタルが病む具体的な理由について、詳しく解説します。

話を聞いてもらえずに電話を切られるから

テレアポをしていると、相手が電話に出た瞬間に切られてしまうことがあります。いくつかの理由が考えられますが、共通するのは相手にとって突然の電話が予期しないものであり、時間を取られたくないと感じる点です。

  • 時間がない: 相手が忙しいときに電話をかけると話を聞く余裕がない
  • 怪しいと思われる:突然の電話では信頼関係が築かれておらず、相手が警戒してしまう
  • 興味がない:提案内容が相手にとって魅力的でない場合、興味を持ってもらえない

テレアポの主な目的はアポイントの取得ですが、なかなかアポイントが取れないとプレッシャーを感じることがあります。何度も提案を断られることで、自信を喪失し、心が折れてしまうことも少なくありません。

また、営業ノルマのアポイント数やコール数からくる重圧も大きな負担となります。成果が上がらない期間が続くと、テレアポの仕事がますます辛く感じるでしょう。

クレームや暴言に耐えられないから

テレアポの業務を行っていると、時には非常識とも思えるような過激なクレームや、人格を攻撃するような暴言を浴びせられることがあります。

冷静に考えれば、相手の言動は明らかに行き過ぎであり、自分を責める必要はないことはわかっていても、感情的になってしまうのが人間の性というもの。

心ない言葉の数々は、言葉の暴力となって自尊心を深く傷つけ、積み重なるストレスはいつしかメンタルを蝕んでいきます。

断られることは覚悟の上とはいえ、人格否定にも等しい暴言の応酬に晒され続けることで、心の平静を保つことは容易ではありません。

ノルマを達成できないと上司に怒られるから

テレアポの現場では、日々の業務目標としてノルマが課せられるのが一般的です。例えば、「1日に○件の新規アポイントを獲得すること」など、具体的かつ定量的な目標が設定されます。

目標達成に向けて懸命に電話をかけ続けてもなかなか結果が出ない日々が続けば、焦りや不安に襲われてしまうでしょう。

さらにノルマ未達の状況が続けば、上司やリーダーから厳しい叱責を受けることも珍しくありません。「なぜ目標を達成できないのか」と責め立てられれば、自己肯定感が損なわれてしまいます。

単純作業の繰り返しでモチベーションが保てないから

テレアポの業務は、一日の大半を電話対応に費やす単調な作業の連続です。同じトークスクリプトを何度も繰り返し、同じような反応を何度も経験する日々。変化のない業務の繰り返しに、徐々に疲弊する人も少なくありません。

モチベーションを保つためには、仕事のやりがいや達成感が不可欠ですが、テレアポでそれを見出すことが難しいのが現実です。少ない成約率の中で、ノルマ達成に追われる毎日。報われない努力の連続に、仕事への意欲が徐々に失われていくでしょう。

テレアポが辛いときの対処法

次のような対処法を取ることで、テレアポの辛さは緩和します。

  • テレアポは断られるものと認識する
  • 相手も同じ人間だと考える
  • 心ない言葉は受け流す
  • アポ取得より架電数を目標にする
  • トークスクリプトを見直してみる

簡単に実践できそうなものから業務に取り入れてみましょう。

テレアポは断られるものと認識する

テレアポでは、新人やベテラン関係なく、断られるのが当たり前です。しかし断られることを失敗と捉えるのではなく、次のステップへの一歩と考えることが大切です。

この考え方を持つことで、前向きな姿勢を保てます。例えば、スポーツ選手が試合に負けた後も次の試合に向けて練習を続けるように、断られた後も次のチャンスに向けて準備を続けることが重要です。

慣れることで、テレアポに対する抵抗感を減らせるでしょう。

相手も同じ人間だと考える

テレアポを行う際、電話の向こう側にいる相手も自分と同じ人間だと考えましょう。相手をただの数字やターゲットとして見るのではなく、1人の人間として捉えることで、より自然で効果的なコミュニケーションを図ることができます。

例えば、相手の立場や感情を理解し共感することで、会話がスムーズになり相手の心を開かせることができます。これにより、相手との信頼関係を築きやすくなり、テレアポの成功率も向上するでしょう。

心ない言葉は受け流す

テレアポの仕事をしていると、心ない言葉や厳しい反応に遭遇することがあります。しかし、これらの言葉を真に受けるのではなく、受け流すことが大切です。

感情的になってしまうと、自分自身の精神状態に悪影響を与え、次の電話にも影響が出てしまいます。そのため相手の言葉を受け流し、冷静に対応することで自分を守りましょう。

アポ取得より架電数を目標にする

テレアポの仕事はアポを取ることが目標ですが、短期的な成功にこだわりすぎると、モチベーションが低下しがちです。

そこで、まずはアポ取得よりも架電数を目標に設定することで、ノルマが達成しやすくなり達成感も生まれます。

また、架電数が増えることで、自然とアポ取得のチャンスも増えます。長期的な視点で目標を設定し、モチベーションを維持しながらテレアポの成功を目指しましょう。

トークスクリプトを見直してみる

テレアポの成功には、効果的なトークスクリプトが欠かせません。トークスクリプトを見直すことで会話の流れをスムーズにし、成功率を上げることができます。

例えば、実際の架電でうまくいったパターンやうまくいかなかったパターンを分析し、トークスクリプトに反映させることが重要です。

また、定期的にトークスクリプトを見直し改善することで、常に最新の情報や効果的なフレーズを取り入れることができます。成功率を上げるためにトークスクリプトを見直し、効果的なトークを目指しましょう。

テレアポでメンタルを病んでしまったら

テレアポを辛いと思いながらも無理して続けていると、メンタルを病んでしまうこともあるでしょう。そ前に、以下の方法を実践してみてください。

  • 休職してメンタルを回復させる
  • テレアポのない業務に異動する
  • カウンセリングや心療内科を利用する
  • テレアポ経験を活かした転職を検討する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

休職してメンタルを回復させる

テレアポでのストレスが限界を超え、メンタルに深刻な影響を及ぼしている場合、休職してメンタルを回復させることが重要です。

まずは医師の診断を受け、自分の状態を正確に把握することから始めましょう。医師の指示に従い、必要な治療やカウンセリングを受けることが大切です。

休職中は仕事から完全に離れ、心身をリセットする時間を持つことが求められます。ゆっくり休みながらも適度な運動、趣味の時間を確保し、ストレスを軽減することが重要です。

また、家族や友人と過ごす時間を増やし、社会的なサポートを受けることも、心の安定を取り戻す助けになります。休職期間中は、自分の感情や体調の変化に注意して、絶対に無理をしないようにしましょう。

再度仕事に復帰する際には、上司や同僚とコミュニケーションを取り、無理のない範囲で業務を再開することを心がけましょう。

メンタルの回復は一朝一夕ではありませんが、休職を経て心身をリセットすることで、再び健やかな日常を取り戻し、仕事に対する前向きな姿勢を持てます。

テレアポのない業務に異動する

テレアポでのストレスが大きすぎる場合、他の業務に異動することも手段です。

まずは、上司や人事担当者に相談し、自分の状況を伝えましょう。企業内での異動制度やサポート体制を活用し、可能な限り早く他の部署に移ることを目指しましょう。

例えば、バックオフィス業務や営業サポート、マーケティング部門など、直接的な電話対応を必要としない業務に異動することで、ストレスの軽減が期待できます。

また異動に際しては、自分のスキルや経験を活かしつつ、新しいスキルを習得する機会として捉えることで、キャリアの幅を広げられます。異動を通じて、再び仕事に対する意欲を取り戻し、充実した生活を送りましょう。

カウンセリングや心療内科を利用する

テレアポでのストレスが原因でメンタルに問題を抱えている場合、カウンセリングや心療内科の受診も検討しましょう。

心療内科では、ストレスや不安に対する適切な治療法や薬物療法が提供されることが多く、自分に合った治療プランを提案してもらえます。

またカウンセリングを通じて専門家と話をすることで、自分の感情や思考を整理し、ストレスの原因がはっきりするでしょう。

カウンセリングでは認知行動療法やリラクゼーション法など、具体的な対処法を学ぶことができ、日常生活でのストレス管理に役立ちます。

テレアポ経験を活かした転職を検討する

テレアポの仕事が精神的に厳しい場合、培った経験やスキルを活かして、新たなキャリアを築くための転職を検討することも一つの方法です。

まずは自分の強みや得意なスキルを洗い出し、それを他の職種にどう活かせるかを考えましょう。例えば、テレアポで培ったコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルは、営業やカスタマーサポート、マーケティングなど、さまざまな分野で役立ちます。

また、テレアポの経験を活かして他の業界や職種への転職を成功させた事例を参考にすることで、自分に合ったキャリアパスを見つける手助けになります。

転職活動を行う際には求人情報をチェックし、応募書類や面接で自分の強みをアピールする方法を学びましょう。

さらに、転職エージェントやキャリアカウンセラーのサポートを受けることで、より自分に合った転職先を見つけることができるでしょう。

新たな環境で働くことで心身の健康を守りつつ、自分のスキルを最大限に活かすことができる職場を見つけることができます。

テレアポでメンタルが病む前に心を守ろう

テレアポの仕事は、電話で見知らぬ相手に営業をかけるという特性上、人によってはメンタルが病んでしまうこともあるでしょう。

クレームや心ない言葉を真に受けたり、なかなかアポやノルマが達成できなかったりすると、落ち込んでしまうのも無理はありません。

テレアポという仕事の厳しさを理解し、早めに対策を講じることが、メンタルを守るための鍵となります。ストレスと上手に付き合いながら、自分らしく働き続けられる環境を見つけていきましょう。