Webサイトやホームページの移行期間はどれくらいかかる?

ホームページの移行を検討している方にとって、どれくらいの期間が必要なのかは気になるところです。移行期間は現状の把握からドメイン移管、新サーバーの設定・データ移行など、さまざまな作業によって異なります。

また、ネームサーバーの変更や繁忙期の影響、作業ミスなどにより、予想以上に時間がかかる場合もあります。移行作業に不安がある場合は、制作会社へ依頼することで、スムーズに進められるでしょう。

この記事では、ホームページ移行の目安となる期間や、移行期間中に行われる作業、注意点について解説します。

Webサイトやホームページの移行期間の目安

ホームページの移行期間はサイトの規模や複雑さ、移行する内容によって大きく異なります。小規模なサイトであれば数時間から1日程度で完了しますが、大規模なサイトや多くの機能を持つサイトの場合、1週間以上かかることも。

ほかにも、移行期間に影響を与える要因は以下となります。

  • ドメイン移管の手続き
  • 新サーバーの設定
  • データ移行の規模
  • メールアドレスの設定

また、移行期間中には新旧サーバーの並行運用が必要になるため、移行作業を円滑に進めるためには計画的なスケジュール管理が重要です。移行期間中のトラブルを最小限に抑えるためにも、事前に詳細な計画を立てましょう。

ホームページの移行期間中に行われる作業

移行期間には以下のような作業が行われます。

  • 現状の把握
  • ドメイン移管の手続き
  • 新しいサーバーの契約と設定
  • 新しいサーバーへのメールアドレス設定やデータの移行
  • クライアント側PCへのメールアドレスの新サーバー用設定
  • 新旧サーバーの並行運用期間

それぞれ詳しく見ていきます。

現状の把握

具体的には以下の項目を確認します。

ドメイン現在使用しているドメイン名を確認
(https://www.〇〇など)
サーバー現在利用しているサーバーの種類や契約内容を確認
Webサイトの構成Webサイトのページ数やコンテンツの種類、使用しているCMS(コンテンツ管理システム)など
データのバックアップ万が一のトラブルに備えてWebサイトのデータやデータベースのバックアップを取得

これらに加えて、利用しているプログラミング言語やSSL証明書の有無なども確認しましょう。さらに、アクセス解析ツールを用いて直近のアクセス状況や流入元、ユーザーの行動パターンなども把握しておくのがおすすめです。

現状把握の際はサイトマップを作成し、全てのページとその構造を明確にしておくと、移行先のサイト設計がスムーズに進められます。

ドメイン移管の手続き

ドメイン移管には以下の手順が必要です。

Whois情報公開代行の解除ドメインの所有者情報(Whois情報)を公開している場合は移管前に公開代行を解除する必要がある
レジストラロックの解除レジストラロックされている場合はドメイン移管時に解除する必要がある
ドメインの有効期限の確認1ヶ月以上の猶予を持って手続きをする
AuthCodeの取得ドメイン移管に必要な認証コード(AuthCode)を現在のドメイン管理会社から取得
移管申請移行先でドメイン移管を申請し、取得したAuthCodeを入力
承認ドメインの現在の管理会社から承認を得ると、移管が完了

ドメイン移管には通常、数日〜2週間程度かかります。移管が完了するまでは、Webサイトは通常通り表示されます。

新しいサーバーの契約と設定

サーバーの選択はWebサイトの規模やアクセス数、必要な機能などを考慮して慎重に行いましょう。

サーバーの種類共用サーバーやVPS(仮想専用サーバー)クラウドサーバーなどさまざまな種類がある
スペックCPUやメモリ・ストレージ容量などWebサイトの動作に必要なスペックを確認
機能セキュリティ対策やバックアップ機能など、必要な機能が備わっているか確認
サポート体制サーバーに関するトラブルが発生した場合に備え、サポート体制が充実しているか確認

サーバー契約が完了したら、コントロールパネルなどを使用して、サーバーの設定を行います。ドメインとサーバーを紐付け、Webサイトの表示に必要なソフトウェアをインストールする作業が必要です。

新しいサーバーへのメールアドレス設定やデータの移行

新しいサーバーの準備が整ったら、メールアドレスの設定とデータの移行を行います。

メールアドレス設定新しいサーバーで使用するメールアドレスを作成・設定
データ移行FTP(ファイル転送プロトコル)などのツールの使用や、サーバー会社が提供する移行サービスを利用する
動作確認移行が完了したら新しいサーバーでWebサイトが正常に表示されるか、メールの送受信ができるかなどを確認

データ移行は、Webサイトの規模やデータ量によって時間がかかります。時間に余裕を持って作業を行いましょう。

クライアント側PCへのメールアドレスの新サーバー用設定

新しいサーバーへのメールアドレス移行が完了したら、クライアント側のPCやデバイスのメール設定を更新します。OutlookやThunderbirdなどのメールクライアントを使用している場合、新しいサーバーの受信(POP3またはIMAP)と送信(SMTP)の設定を入力します。

設定変更後はメールの送受信をテストし、正常に機能するか確認しましょう。メールの同期に時間がかかる場合もあるため、しばらく様子を見るのがおすすめです。

新旧サーバーの並行運用期間

ホームページの移行作業では、新旧サーバーを並行して運用する期間を設けるのが一般的です。この期間は新しいサーバーへの移行が完全に完了し、安定して運用できるか確認するための重要な時間です。

期間は余裕を持って、1カ月程度は取るようにしましょう。この間新旧両方のサーバーのアクセスログを監視し、エラーや不具合がないか確認します。問題が発生した場合は速やかに対処し、必要に応じて移行作業の見直しを行います。

十分な並行運用期間を経て新しいサーバーが安定したら、旧サーバーを停止して完全移行に進んでください。最後に旧サーバーの解約を忘れないよう、メモやリマインダーの設定がおすすめです。

Webサイトやホームページの移行期間に関する注意点

ホームページの移行を行う際、以下の注意点があります。

  • ネームサーバーの変更は時間がかかる
  • 繫忙期の移行はなるべく避ける
  • 移行時にミスがあるとさらに時間がかかる

詳しく解説します。

ネームサーバーの変更は時間がかかる

ネームサーバーとはインターネット上の住所録のようなもので、Webサイトのドメイン名とサーバーのIPアドレスを紐付ける役割を担っています。

ネームサーバーの変更はすぐに反映されるわけではありません。インターネット上に点在する、DNSサーバーの情報が更新されるまで時間がかかります。一般的に数時間から72時間程度とされていますが、場合によってはそれ以上かかることも。

この間、旧サーバーと新サーバーの両方にアクセスが発生する可能性があり、Webサイトの表示やメールの送受信が不安定になることがあります。そのため、ネームサーバーの変更は、アクセスが少ない土日や定休日などに行うのがおすすめです。

繫忙期の移行はなるべく避ける

ホームページの移行作業は、アクセス数が多い繁忙期を避けて実施するのが賢明です。大型連休前後やセール期間中など、サイトへのアクセスが集中する時期の移行は、リスクを伴います。

移行作業では一時的にサイトが停止したり、予期せぬトラブルが発生する可能性があります。繁忙期にこのような事態が起これば、売上に大きな悪影響を及ぼしかねません。

したがって、移行作業はアクセス数が比較的少ない時期を選んで実施しましょう。また、移行作業の日時を事前にユーザーに告知し、理解を得ておくことも大切です。

移行時にミスがあるとさらに時間がかかる

データの不備やサーバー設定のミスが生じると、移行期間が延びる恐れがあります。

移行前には入念な準備とテストを行い、ミスを最小限に抑えることが肝要です。

バックアップや移行先サーバーの設定確認・動作テストを行い、問題の有無を確認してから本番の移行作業に臨みましょう。万が一移行中にトラブルが発生した場合は、冷静かつ迅速な対応が求められます。

バックアップデータを用いて復旧作業を行ったり、専門家に相談したりするなど、適切な措置を講じます。

移行時のミスは時間的損失だけでなく、金銭的損失やブランドイメージの低下にもつながりかねません。綿密な計画と慎重な作業により、ミスを未然に防ぐよう努めましょう。

Webサイトやホームページ移行を制作会社へ依頼するメリット

以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • 困ったときにはすぐに相談できる
  • 安心して作業を任せられる
  • 作業に無駄がなく最短で進められる
  • デメリットは費用がかかること

それぞれ詳しく見ていきます。

困ったときにはすぐに相談できる

ホームページの移行作業は複雑で、専門的な知識が必要とされるため、初めての方にとっては難しく感じるかもしれません。移行中に問題が発生した場合、自社で解決しようとするとかえって時間がかかり、状況を悪化させる恐れがあります。

そのようなときは、制作会社のサポートチームへの相談が得策です。経験豊富なスタッフが原因を素早く特定し、適切な解決策を提示してくれます。電話やメール・チャットなど、さまざまな手段でいつでも気軽に相談できます。

トラブルに直面した際に頼れる存在がいる安心感は、移行作業を円滑に進める上で大きな助けになるでしょう。問題を抱え込まずに早めに相談することで、移行作業のストレスを軽減し、スムーズに進められます。

安心して作業を任せられる

移行作業は時間と手間がかかるだけでなく、ミスが許されない重要な作業です。

専門知識や経験がない方が行う場合、作業ミスやトラブルが発生するリスクが高まります。最悪の場合、Webサイトが表示されなくなったり、データが消失したりする可能性も。

制作会社は移行作業に必要なツールや環境を整えており、効率的に作業を進められます。自社で移行作業を行う場合、必要なリソースを準備するための時間とコストが必要です。

制作会社に依頼すれば、専門知識と豊富な経験を持つプロが責任を持って作業を行います。そのため安心して作業を任せられ、本来の業務に集中できるでしょう。

作業に無駄がなく最短で進められる

制作会社のスタッフは豊富な経験と専門知識を活かして、最適な移行プロセスを設計し、スムーズに作業を進めていきます。自社で移行作業を行う場合、手順の確認や問題解決に手間取ることがありますが、制作会社であれば無駄な時間がありません。

制作会社との綿密なコミュニケーションにより、要件や期限を明確に伝えておけば、最短のスケジュールを組んでもらうことが可能です。突発的なトラブルが発生した場合でも、経験豊富なスタッフがすぐに対応してくれ、作業の遅延を最小限に抑えられます。

移行作業を最短で完了させると、新しいホームページを早期に公開でき、ビジネスの機会損失を防げます。制作会社の効率的な作業は、時間的なメリットだけでなく、経済的なメリットももたらしてくれるでしょう。

デメリットは費用がかかること

制作会社への依頼はメリットが多数ですが、費用がかかります。

とはいえ、費用対効果を考慮すると、必ずしも高コストだとはいえません。

自社で移行作業を行う場合、専門知識を持ったスタッフの確保や作業環境の整備など、目に見えないコストがかかります。また、作業時間が長引けば本業への影響も無視できません。

制作会社への依頼はコストを軽減でき、円滑な移行作業が期待できます。トラブルが発生した際の損失なども考慮すると、制作会社への依頼費用は、長期的な視点で見れば決して高くないといえます。費用対効果を十分に検討し、自社の状況に合った適切な選択が重要です。

まとめ:ホームページの移行期間は数時間から1週間程度

ホームページの移行期間は、Webサイトの規模や内容・移行方法によって異なり、数時間から1週間程度が目安となります。

移行期間中には新しいサーバーの契約と設定、新旧サーバーの並行運用など、さまざまな作業が必要です。これらの作業をスムーズに進めるため、事前の準備や計画が重要です。

また、移行作業中にトラブルが発生することも想定し、バックアップを取りましょう。

Webサイトやホームページの移行は専門的な知識や技術が必要となるため、不安な場合は制作会社に相談がおすすめします。専門家によるサポートを受けることで、安心して移行作業を進められます。