LP制作の費用相場はいくら?依頼先ごとの目安を解説

LP(ランディングページ)制作を検討中の方は、気になるのが制作費用ではないでしょうか。LPは企業の顔となるWebページだからこそ、クオリティにはこだわりつつ、予算も考えなければなりません。

そこで本記事ではLP制作の費用相場や、10万円以下から100万円以上まで予算にあわせた制作のポイントを詳しく紹介します。

ぜひ参考にして、自社に最適なLP制作の依頼先を見つけてください。

LP制作の費用相場について金額別に解説

費用は依頼する制作会社や内容によって大きく異なります。ここでは一般的な費用相場を金額別に解説し、それぞれの価格帯でどのようなLPが制作できるのかを説明します。

価格帯は以下のように分類しました。

  • 10万円以下
  • 10万~30万円
  • 30万~60万円
  • 60万~100万円
  • 100万円以上

それぞれ詳しく解説します。

10万円以下

メリットデメリット
費用を抑えられるテンプレートベースのため短納期可能制作範囲が限られるため手軽オリジナリティの欠如機能やデザインに制限検索エンジンでの上位表示が難しい

主にテンプレートを使用したシンプルなデザインが特徴です。依頼できる範囲はデザインとコーディングが中心で、戦略立案やライティング、競合調査などは大抵の場合、含まれません。

この価格帯は以下のような場合におすすめです。

  • とにかく費用を抑えたい
  • 短期間でLPを公開したい
  • シンプルなLPで十分な
  • LP制作の経験がない

ただし、オリジナリティやSEO効果には期待できない場合があるため、目的や予算にあわせて検討しましょう。

10万~30万円

メリットデメリット
オリジナルデザインのLPを作成SEOに強いLP予算に応じた機能の追加が可能10万円以下のLP制作と比べると費用が高くなる納期が長くなる場合がある完全なオリジナルデザインは厳しい

オリジナルデザインのLPを作成できる価格帯です。テンプレートではなく、1からデザインを制作するため、競合との差別化を図れます。また、SEOにも対応している制作会社が多く、検索エンジンからの集客も見込めます。

この価格帯は以下のような場合におすすめです。

  • オリジナリティのあるLPを作りたい
  • SEOにも力を入れて集客したい
  • ある程度の予算をかけられる
  • 競合との差別化を図りたい

ただし、費用や納期には注意が必要です。複数の制作会社から見積もりを取り、比較検討しましょう。

30万~60万円

メリットデメリット
洗練された高品質なデザイン高度な機能を実装可能効果的なマーケティング戦略CV率を高めるための導線設計やコンテンツ作成コンテンツを盛り込みすぎるとページの読み込み速度が低下する恐れも打ち合わせや制作に時間がかかる

デザイン性と機能性を兼ね備えた高品質なLPを作成できる価格帯です。経験豊富なデザイナーが対応する場合が多く、ターゲット層に響くデザインや、CV率を高めるための導線設計など、戦略的なLP制作が期待できます。

この価格帯は以下のような場合におすすめです。

  • 高品質なLPでブランドイメージを高めたい
  • CV率を最大化したい
  • マーケティング戦略からLP制作まで一貫して依頼したい
  • 競合との差別化を図りたい

費用対効果の高いLPを作成することで、長期的なビジネス成長に貢献できます。

60万~100万円

メリットデメリット
複数のページで構成される大規模なLPにも対応ブランドイメージの向上に貢献多様な機能を実装Web広告やSNSなどほかの施策と連携可能ほかの価格帯と比べてかなり高額綿密なマーケティング戦略と制作後の継続的な改善が不可欠

大規模なLPやブランディングを重視したLPを作成する際に選ばれる価格帯です。大手企業や広告代理店など、豊富な実績を持つ制作会社への依頼で、高いクオリティと効果が期待できます。

この価格帯は以下のような場合におすすめです。

  • 大規模なLPを制作したい
  • ブランディングを重視したLPを作りたい
  • 多様な機能を実装したい
  • ほかのプロモーション施策と連携させたい

ブランディング強化や大規模なプロモーションなど、ビジネスの成長に大きく貢献できるLPを作成できます。

100万円以上

メリットデメリット
ブランド価値を最大限に引き出すLP最新のWeb技術やトレンドを駆使徹底的なマーケティング分析長期的なサポート体制ほかの価格帯と比較にならないほど高額綿密なプロセスを踏むため制作期間が長い高額な投資である以上、制作前の綿密な市場調査と戦略設計は欠かせない

予算に糸目をつけず、最高品質のLPを求める方向けの選択肢です。大手広告代理店や、実績豊富なWeb制作会社が提供するハイクオリティなサービスを利用できます。

この価格帯は以下のような場合におすすめです。

  • 予算に制限がなく最高品質のLPを求める
  • 競合他社との差別化を図り圧倒的な成果を上げたい
  • ブランドイメージを確立し長期的な成長を目指す
  • 大規模なプロモーションやキャンペーンを展開する

この価格帯を選択する際は、予算に見合った最高のLPを作成し、ビジネスの成功を確実なものにしましょう。

LP制作でデザインのみの費用相場はどれくらい?

予算は3万〜10万円程度が相場です。デザインのみの依頼は、既にコーディングのリソースがある、特定のデザインスキルを求める場合に適しています。デザイン事務所や制作会社に依頼することが多く、カスタムデザインやテンプレートの修正などが含まれるのが一般的です。

デザインのみの依頼では、クライアントのブランドイメージやターゲットユーザーにあわせたビジュアル設計が行われます。また、プロフェッショナルなデザインスキルを持つ制作者への依頼で、魅力的で効果的なLPのビジュアルが実現します。ただし、コーディングやほかの機能追加は含まれないため、別途対応が必要です。

LP制作の依頼先別のメリット・デメリット

LP制作の主な依頼先は以下の3つがあります。

  • フリーランス・個人事業主
  • 格安LP制作業者
  • Webサイト制作会社

依頼先別のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

フリーランス・個人事業主

メリットデメリット
費用をある程度抑えられる個人の裁量で動けるため柔軟な対応密なコミュニケーション品質にばらつきがある個人で作業するため納期が遅れる可能性も制作後のサポート体制が整っていない場合がある

小規模な事業者であるため、中間マージンが発生せず比較的、低価格でLP制作を依頼できます。また、個人のスキルや得意分野にあわせて、柔軟に対応してくれる可能性も高いでしょう。

以下に該当する場合、フリーランス・個人事業主へ依頼するのがおすすめです。

  • 予算を抑えたい方
  • 小規模なLP制作を依頼したい
  • 密なコミュニケーションを取りたい
  • 特定の分野に特化したLPを作りたい

スキルや実績・サポート体制などを事前に確認し、信頼できる相手選びが重要です。

格安LP制作業者

メリットデメリット
費用を抑えられるテンプレートベースのため短納期可能オンラインで簡単に依頼できて手続きがスムーズほかのLPと似たようなデザインになりがちテンプレートによっては機能やデザインに制限があるサポート体制やSEO効果が低い場合がある

テンプレートを活用し、制作工程を効率化することで、低価格かつ短納期でのLP制作を実現しています。シンプルなLPを短期間で作成したい場合に適しています。

以下に該当する場合、格安LP制作業者へ依頼するのがおすすめです。

  • とにかく費用を抑えたい方
  • 短期間でLPを公開したい方
  • シンプルなLPで十分な方

オリジナリティやSEO効果には期待できない場合があるため、目的や予算にあわせて検討しましょう。

Webサイト制作会社

メリットデメリット
デザイン性や機能性に優れたLP幅広い対応力運用・改善提案など手厚いサポート体制契約内容や納期などが明確費用が高額になる納期が長くなる担当者によって対応に差がある場合も

経験豊富なデザイナーやエンジニアが在籍しており、高品質なLPを制作できます。また、幅広い業種・業界のLP制作実績があり、さまざまなニーズに対応できます。さらに、制作後の運用サポートや改善提案など、手厚いサポート体制が整っているのも特徴です。

以下に該当する場合、Webサイト制作会社へ依頼するのがおすすめです。

  • 高品質なLPを作りたい
  • 複雑な機能を実装したい
  • 安心してLP制作を任せたい
  • 長期的なサポートを受けたい

費用は高めですが、安心してLP制作を任せたい場合は検討する価値があります。

LP制作の費用相場に関して注意するべきポイント

以下の6つのポイントに注意しましょう。

  • LPの長さを確認する
  • どのような形式で納品されるか確認する
  • スマホやブラウザ・OS対応の確認する
  • 改善・サポートの有無を確認する
  • 制作後のWeb広告運用について
  • バナー制作に関して確認する

詳しく解説します。

LPの長さを確認する

一般的にLPの長さは縦方向のピクセル数で表され、短いページは2,000px程度、長いページは20,000px以上になることもあります。長いLPほどデザインや構成、コピーライティングなどに時間と労力がかかるため、制作費用は高くなります。

依頼する際はLP全体の文字数や画像点数、アニメーションの有無などを明確にし、制作会社から見積もりを取るようにしましょう。予算にあわせてLPの長さを調整することも可能ですが、必要な情報を削るのは避けるべきです。

依頼先とよく相談し、最適なLPの長さを決めてください。

どのような形式で納品されるか確認する

LPの納品形式は依頼先によって異なり、HTMLファイルやCSSファイル・画像データなど、さまざまな形式があります。納品形式によっては自社でアップロードし、編集する必要があります。

もしWebの知識がない場合は、サーバーへのアップロードや編集作業も依頼できるか確認しておきましょう。また、納品後に自分でLPを更新したい場合は、WordPressなどのCMS導入の検討もおすすめです。

納品形式や条件を明確にすることで、スムーズなLP制作が可能になります。さらに、納品ファイルの著作権や使用許諾についても確認し、トラブルを防ぐよう心がけてください。

スマホやブラウザ・OS対応の確認する

スマホに対応していないLPは、ユーザーの離脱率を高める原因になります。また、ブラウザやOSによって表示が崩れると、CV率の低下にもつながります。

制作会社に依頼する際は、レスポンシブデザインやOS対応について確認し、追加料金の有無を確認しましょう。対応デバイスやブラウザの種類、テスト方法なども事前に取り決めておくことが重要です。とくにターゲットユーザーが使用する端末やブラウザを考慮し、最適化することが求められます。

スマホやブラウザ・OS対応を怠ると、せっかくのLPも効果を発揮できなくなるため、注意が必要です。

改善・サポートの有無を確認する

LP公開後もアクセス解析に基づいた改善提案や、不具合発生時の対応など、継続的なサポートが必要になるケースがあります。とくに初めてLPを制作する場合や、Webの知識があまりない場合は、手厚いサポートがあると安心です。

契約前にどのようなサポートを受けられるか、期間や回数に制限はあるか、追加費用が発生するのかなどを確認しておきましょう。依頼先によってはアクセス解析ツールを導入し、A/Bテストを実施するなど、より高度な改善提案を行う場合もあります。

制作後のWeb広告運用について

LPとWeb広告を連携させることで、より効果的な集客が期待できます。

LP制作会社によってはWeb広告の運用実績が豊富で、広告効果を最大化するためのノウハウを持っている可能性も。事前に広告運用に関する相談やサポートを受けられるか確認しておくことで、LP公開後の集客戦略をスムーズに進められます。

バナー制作に関して確認する

LPへの誘導にはバナー広告が欠かせません。多くの制作会社では、LP制作とあわせてバナー制作も行っています。バナー制作の料金体系や納品形式、修正対応など事前の確認が大切です。

レスポンシブデザインに対応したバナーや、アニメーションバナーなど、追加料金が発生する場合もあるため注意が必要です。バナーのデザインについては、LPとの一貫性を保ちながら、クリック率の高いものを制作します。

過去の実績を確認し、効果的なバナーを制作してもらいましょう。LPとバナーを連動させることで、高い広告効果を生み出せます。

まとめ:コーディング1ページの相場から最適な依頼先を見つけよう

LP制作の費用はページの長さや依頼先、追加機能などによって大きく変動します。しかし、制作費用の目安を知ることで、予算内で最適な依頼先を選べます。

また、依頼先ごとのメリット・デメリットを理解し、自社のニーズに合った依頼先を見つけることが大切です。制作実績や専門性、サポート体制など、さまざまな角度から検討しましょう。

LP制作に関する注意点も押さえておくと、依頼後のトラブルを防ぎ、制作をスムーズに進められます。最適なLP制作の依頼先を見つけるためには費用相場を把握し、自社のニーズを整理することが不可欠です。